アラサー、がんばる。

アラサー、日々の生活をがんばる。

スポンサーリンク

アラサー、自車校に行く⑩検定、緊張し過ぎ

検定は緊張し過ぎました。

コースは待合室に貼ってあるけど、インストラクターが指示するので大丈夫。
間違えても大丈夫。

止まれの標識があるところ、
信号はちゃんと守ってね。と検定が始まる前に説明をば。
そうそう、検定前に視力の確認ありましたね。なかなか人数も多いので時間がかかりました…

んで、いざ検定。
コースは念のため何度か確認しておきました。
苦手そうな道はあまりなかった。たぶん。

名前が呼ばれて待合室から外に出ると、検定員は女性の方で、3人組。
順番は私は一番最後でした。

最初は乗車せずにまって(長く感じた…)、2人目の交代のタイミングで後ろに乗車。
この時、車のエンジンがボタン式と確認。

2人目の開始を待ちます…

トラブル?!

なかなか2人目の方が運転しない…
ボタン式に乗車したのがあまりなかったのかも…
インストラクターはイライラしはじめる(ように見えた見え)ピリついた中、2人目の方の検定開始。

クランク、S字も難なくこなして2人目の方は終了。

ピリついた雰囲気は改善せず、雰囲気あんま良くない…
検定だから多少ピリピリした方がいいか…

いざ、わたしの番。

検定開始

安全確認とかもー、口に出しながらやる。
そしたらインストラクターの方に確認してるように思えたのか、さっさと行けや!的な圧を出しはじめる。
すんませんね…

S字、クランクを異様に慎重に通り抜け…
た、ところで中央線踏んだかも…
ダメだな…

そして2人目の方がなかなかスタートしなかったこと、私がゆっくり慎重に走りすぎたことが原因で、普通の教習開始時間にかかってしまいました。
そのため人がワチャワチャ出はじめる…
人にビビりつつ進んでたせいで、ささっとしろー!っていう圧が…
目標のポールに寄せて、ゴール。

とりあえず検定中止になることはありませんでした。

で、あとは合否を確認…

技能の結果待ち

これが長いこと長いこと。
発表予定30分くらいオーバーしたところで、呼ばれました。
わたしの自車校は合否を直接本人に発表するシステム。

第一声で、合格です!と。
ただ

  • 慎重すぎ
  • 自信がなさすぎる

と。

もっと自信を持たないと路上は厳しいぞ、との事でした。
落ちると思ってたので、ホッ…良かったよー(;ω;)

点数は75点。
ギリギリ!!!!!!!

学科試験に挑む

合否を聞いたら、急いで学科試験の教室に。
私と一緒の組みだった人は技能はみんな合格だったみたい。

学科試験については、一問だけというのがあったぐらいなので、感覚的には合格。

この日のうちに試験結果は出ないため、メール登録していれば、メールでくる。
それか翌日受付に問い合わせる必要がありました。

私はメール登録してたので、翌日そわそわしながら結果待ちしたら、合格しました!とメール!!!!!!!
ただ何点かまでは不明…
気になるー。

とりあえず、仮免合格!!!!!!!

メールもらった日に、第二段階の予定を入れに教習所へ。
とりあえず学科が次の週に4限まとめて受けられるので、その時までに技能のスケジュールも決めてくれるみたいです。

スケジュールをいざ確認

学科の日になり、原簿もらって中に挟まってるスケジュールを確認。

路上開始がちょっと間が空く感じ。
卒業検定も意外と近い。

はぁぁ!
頑張ります!

絶賛路上頑張ってます!

スポンサーリンク

TOP

プライバシーポリシー